加工食品やスナック菓子は避けよう

美容や健康のために普段から食生活には気を付けたいものですが、ついつい手を伸ばしてしまうスナック菓子やカップラーメン。手軽でおいしいので、美容に悪いと思っていても止めるのは辛いものです。

テーブル

ところで、美容と健康と言うと誰もがまずチェックするのが食品のカロリー。カロリーが高いものは避けて、低カロリーのものならたくさん食べても大丈夫、と思っていませんか。ここに大きな落とし穴があるのです。カロリーと一緒に表示してある塩分について考えたことはありますか。原材料欄のナトリウムという表示に注目してみましょう。ナトリウムとは、食塩の別名で正式には塩化ナトリウムと言います。ナトリウムイオンと塩化イオンが結びついたもので、食品成分表の塩分はナトリウムを食塩相当量として換算したものです。味の濃いカップラーメンやスナック菓子に多く含まれているのは容易に想像できますが、ハムなどの加工食品にも塩化ナトリウムが多く使われているのはご存じですか。

 

お漬物や味噌汁など、一見低カロリーで野菜が原料だから健康だと思える食品にも、塩分がたくさん含まれています。塩分を取り過ぎると血液中の塩分濃度が高まり、高血圧になって生活習慣病にかかりやすくなります。お肌のためにもよくないので、普段から減塩を心がけて体の中からキレイになりましょう。

コメントは受け付けていません。